T. U.
2017年度入社(新卒)
税理士
クライアントに寄り添い、
成長を支える税理士へ
試験勉強期間から
得た自信
試験勉強期間から
得た自信
税理士の勉強を始めたのは、大学3年生の時です。父は会社を経営しており、日頃から顧問税理士について「前向きな提案をしてくれない」「経営相談ができない」と嘆いていました。父のような経営者は他にもいるのではないかと考え、自分が手助けしたいと思ったのがきっかけです。
大学4年生で簿記論・財務諸表論・消費税法に合格し、大学を卒業した夏に法人税法と国税徴収法に合格しました。スムーズに取りきれたように思われそうですが、大学3年生からは毎日勉強に集中していたので、受験生の誰よりも努力したという自負があります。
令和会計社を知ったのは、専門学校の就職説明会です。将来「税のオールラウンダー」になりたいと思っていたので、特定の分野に絞らず、大企業の税務を幅広く経験できる点に魅力を感じ、入社を決めました。入社早々、大きなクライアントの担当を任されたのには驚きましたが、自分が勉強に費やした2年間が評価され、信頼してもらえたのだと実感しています。
クライアントと一緒に
成長したい
クライアントと一緒に
成長したい
現在は大手不動産会社グループの税務を担当しています。毎月の訪問や、消費税のチェック、税務相談や申告書作成など、クライアントの経理担当者と日々メールや電話で連絡を取り合い、さまざまな業務に対応しています。
入社するまで社会人経験のほとんどなかった私にとって、大手不動産会社を担当することは大きな挑戦でした。クライアントの担当者には経験豊富な税理士の方がいらっしゃったので、初めは打ち合わせでも話についていくのがやっとという状態。しかし、仕事をしていくうちに自然と知識が身に付き、日々の業務も効率化を図っていくうちにスピードと質が上がっていき、担当者からも次第に認められていただけるようになったのを実感しました。その結果クライアントグループ内の別会社を紹介していただき、新たに顧問契約を結ぶことができました。クライアントと同じ目線に立ち、共に高めあおうとする姿勢を評価いただいたのだと思います。
担当者である税理士の方に質問された際は根拠のある答え方を心がけているのに対し、経理経験があまりない方に対しては、わかりやすく、間違いのないよう、気をつけています。自分が伝えた気になっていても、相手に理解してもらえていないと、ミスにつながりかねません。日々のコミュニケーションで相手の特性を把握し、それに合わせて対応の仕方を工夫しています。知識が豊富になると、偉そうに感じられてしまうこともあると思うので、謙虚さも忘れてはなりません。クライアントのニーズを引き出し、クライアントのよい点を吸収しながら、一緒に成長する姿勢を大事にしていきたいと思っています。
今後、
税理士として
税理士の仕事は、税務・会計の分野を通じて企業の経済活動を適切にサポートし、将来の障害を取り除いていくことだと考えています。税金をただ安くするのではなく、事務負担を減らす対策や相談・提案をしながらクライアントのやりたいことをかなえるようなサポートができれば企業はさらに成長し、国の税収にもよい貢献ができるのではないでしょうか。
AIの発達によって10年後には単純作業や事務作業がなくなる可能性もあり、税理士の仕事もAIに取って代わられるのではと思われています。だからこそ税金計算だけでなく、クライアントの仕事の進め方まで提案できるような税理士になりたいです。そのためにも単純作業以外の部分もより磨いていけるよう、さまざまな業務にチャレンジしていきたいと思います。
また最近は後輩も増えてきて、人材育成の重要性を感じています。業務を教えるのは好きですが、管理するのはまだまだ苦手なので、今後は業務もマネジメントも両方できるような税理士を目指していきます。
今後、
税理士として
就職活動中の皆さんへ
自分の持っている力よりも 少し上のことにチャレンジしてみてください。自分には難しいかもしれないと感じることに挑戦してこそ、成長できると思います。失敗を恐れずに新しいことにも積極的にチャレンジする気持ちを大切にしてください。
ENTRY